2011年10月24日

抗Sema4D抗体はマウスの骨粗鬆症における骨量減少を治療


東京医科歯科大学の高柳広教授らは本日、Semaphorin 4D(セマフォリン フォー ディー:Sema4D)と呼ばれるたんぱく質の働きを抑えることで、骨を再生することにマウスの実験で成功したと発表した。



プレスリリース




posted by kei at 19:53| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
チームロハス証
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。