2011年08月09日

「肥満になると血圧が上がる」メカニズム


東北大学は本日、同大学院医学系研究科代謝疾患医学コアセンター・片桐秀樹教授らのグループが、太っていくにつれて血圧が高くなるメカニズムを解明したと発表した。

過食時に交感神経活動を高め代謝を活発にすることにより、体重をすぐには増やさないですませるようにするメカニズムである神経シグナルを遮断すると、血圧上昇が起こらないことを見出した。このことなどから、この神経シグナル自体が、肥満の際の血圧上昇に関わることを発見した。

論文掲載誌

プレスリリース





posted by kei at 19:40| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
チームロハス証
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。