2011年01月09日

ベトナム経済事情:景気拡大は続くも前途多難

第一生命経済研究所は6日、【アジア・新興諸国経済】に「ベトナム経済事情:景気拡大は続くも前途多難 〜対外信用力低下に課題。物価対策や構造改革の進捗が求められる〜」を掲載した。


《10-12月期は高い経済成長が続いたが物価上昇で内需の勢いに陰り》
《物価上昇が進み、政府は物価統制を強める。金融引き締めに向けた果断な取り組みが求められる》
《対外信用力の低下は著しく、格付機関は相次いで格下げを実施。信用力強化は喫緊の課題となっている》
《海外資金の流入などが株式相場を下支え。通貨ドンは当局の介入で横這い推移》

マクロ経済分析レポート(PDF、4頁)




posted by kei at 08:11| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
チームロハス証
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。