2010年11月02日

「レスベラトロール」が認知機能を維持するメカニズムを解明


メルシャンは昨日、名古屋市立大学大学院 岡嶋研二教授が「赤ワインに含まれるポリフェノールである「レスベラトロール」が認知機能を維持するメカニズムを解明」したと発表した。


「レスベラトロール」や「赤ワイン」の適正な摂取は、海馬の神経細胞を再生させ認知機能向上の作用を有することで知られている物質「インスリン様成長因子-I(IGF-I)」の産生を促し、「神経細胞の再生促進」および「認知機能の改善」する可能性があることが分かりました。つまり「レスベラトロール」は、「認知機能維持」に重要であることが分かりました。

ニュースリリース




posted by kei at 23:53| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
チームロハス証
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。