2011年10月17日

レアメタル不要の大容量電池開発に成功


大阪大と大阪市立大の研究グループは本日、既存のリチウムイオン電池の電気容量を超える(1.3–2倍)、レアメタルを使わない大電気容量の有機分子スピンバッテリーを開発したと発表した。



プレスリリース

Nature Materialsオンライン版

森田靖准教授研究グループ




posted by kei at 19:53| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
チームロハス証
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。